目指すべき人材像

本事業では、ビューティ産業において、サービス産業の生産性向上・高付加価値化を主眼とできる経営人材を育成する。

なお、本事業において育成する人材の分野は、「サービス産業」の中でも「美容」あるいは「ビューティビジネス」に特定する。

職種は、「経営層」もしくは近い将来「経営層」となることを目指す層、経営者を補佐する層などのマネジメント職種を特定する。

受講者対象者

開発するプログラムは、専門学校卒業相当程度の学力・実践力をもっていることを前提にすれば、ビューティ産業において起業したいと思っている者、すでに美容サロン等を経営している者で経営改善・革新を進めたいと考えている者すべてが対象となる。

美容業界あるいは類似した業界で従事している社会人、マネジメント系の大学生・大学院生なども対象として考えられる。